本文へジャンプ

福祉サービスを利用したい方へのページ

 保育士の離職防止や潜在保育士(保育士資格を有するが、保育士として勤務していない方)の再就職支援を目的に資金を貸付け、県内の保育人材の確保及び定着を図るもので、次の3つがあります。

 

1 貸付の内容

事業名 保育補助者雇上費貸付 未就学児をもつ保育士に対する保育料の一部貸付 就職準備金貸付
貸付対象 保育士資格を持たない保育
補助者を雇用する保育事業者
(1)未就学児をもつ保育士で県内の保育所等に新たに勤務する方
(2)県内の保育所等で雇用されている未就学児をもつ保育士で、産後休暇又は育児休業から復帰する方
保育士登録後1年以上経過した保育士※2であって、県内の保育所等に新たに勤務する方(保育所や幼稚園等に勤務経験がある場合は、離職後1年以上経過していること)

貸付条件

※1

保育補助者の雇用 保育所等での勤務(週20時間以上)
かつ未就学児の保育所等の利用
保育所等での勤務(週20時間以上)
貸付額 年額295万3千円以内
(3年間を限度)
保育料の半額
(1年間を限度とし、かつ月額2万7千円以内)
40万円以内(1回限り)※3
返還免除
条  件
保育補助者が3年以内に保育士資格を取得 県内の保育所等において保育士として2年間従事 県内の保育所等において保育士として2年間従事
連帯保証人 1名。ただし、貸付けを受けようとする者が未成年者である場合には、連帯保証人は法定代理人でなければならない。
法定代理人の同意が得られないやむを得ない事情がある場合は、ご相談ください。
利子 無利子

※1 勤務開始時点から貸付条件を満たしている必要があります。

※2 保育士登録が行われてからの期間が1年未満の方のうち保育士養成施設の卒業又は保育士試験の合格から1年以上経過した方も対象になります。

※3 貸付限度額は年度により変動する場合があります。

保育所等については下記3の「保育士就職支援資金貸付制度を利用できる施設」を参照してください。

 

2 募集期間
 締切日までに申込みがあった場合は審査の後、送金月に届出口座に送金いたします。

申込締切日 送金月
第1期 6月末 7月
第2期 9月末 10月
第3期 12月末 1月
第4期 2月末 3月

※貸付要件に該当する場合は、第4期までに申請してください。

 

3 資金の詳細
 下記添付資料によりご確認ください。

 

4 申請方法について
 就職支援資金の貸付を希望する方は、「社会福祉法人岐阜県社会福祉協議会保育士就職支援資金貸付規程施行細則」第2条に掲げる書類に必要事項をご記入のうえ、岐阜県社会福祉協議会 福祉人材総合支援センターへ申請してください。

 ご不明な点がありましたら、下記までご相談ください。

 

 

お問い合わせ先
岐阜県社会福祉協議会 岐阜県福祉人材総合支援センター
〒500-8385 岐阜県岐阜市下奈良2-2-1 岐阜県福祉会館内
TEL:058-273-1111(内線2679)
FAX:岐阜県福祉人材総合支援センター