本文へジャンプ

地域福祉ボランティア活動

福祉教育

福祉教育

地域の中に起こる問題には、様々なものがあります。
それらの問題を解決していくためには、地域の福祉課題を共有し、その解決に向けて協働して動き出すことが必要になります。
しかし、一度だけの学習会や研修会では、十分な理解ができず、すぐに元へもどってしまいます。

何度も何度も繰り返しながら、その積み重ねの中で、自主的かつ主体的な住民自治にもとづく「支え合い活動」や「おもいやりの心」が定着していきます。
こうした段階に至る地域住民の主体形成の過程を福祉教育といいます。

本会では、岐阜県の各市町村社協が行う福祉教育プログラムを収集し、「福祉教育虎の巻(プログラム集)」を作成しています。
「福祉」について、考えるきっかけを作りたい、地域の問題について考えてみたいとお考えの場合は、是非お近くの社会福祉協議会にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ先
岐阜県社会福祉協議会 ボランティア・市民活動支援センター
〒500-8385 岐阜県岐阜市下奈良2-2-1 岐阜県福祉会館内
TEL:058-274-2940  FAX:058-274-2945