本文へジャンプ

めざせ!福祉のお仕事のページ

介護・福祉人材の定着事例集
~やる気・元気をひきだす取り組みの紹介~

調査のねらい

福祉の職場では、長年にわたり人材の確保・定着が課題となっています。とりわけ介護の職場では、全国で年間約24万人(平成25年6月)の入職がある一方、約22万人が離職するという状態が続いています。そこで中高年齢者の方や外国人の方などに対象を拡大し、担い手不足を補う取組も積極的に行われていますが、人材不足の解消になかなか至っていない状況です。従って、確保できた福祉の人材が離職せずに長く働き続けられるならば、それにこしたことはないと言えるでしょう。

岐阜県内の介護の職場では、令和元年度の離職率は14.6%((公財)介護労働安定センター調査)ですが、これを3年平均で下回るかに着目し、その達成につながる効果的な取組を行っている県内の事業所を発掘するため、今年度高齢、障がい、児童の3分野で事業所の調査を行いました。

本資料では、人材の定着が良好若しくは改善している背景や、それに結び付いたと思われる具体的取組内容、さらにはその要因について分析し、県内で人材の定着が比較的うまくいっている事業所の例を事例集として紹介することとしました。

取り組みを紹介する事業所

  • …高齢者福祉施設
  • …障害者福祉施設
  • …児童福祉施設
社会福祉法人 新生会 小グループで自由に話し合い、職員を認め、気にかけ、悩みの解消も 詳 細 ホームページ
社会福祉法人 同朋会 些細な出来事でも素早く気づいて対処、職員が一人で抱え込まない 詳 細 ホームページ
社会福祉法人 白寿会 週休3日制や、ICT化・ロボット等の導入を積極的に行うなど働く環境の整備により離職防止 詳 細 ホームページ
特定医療法人 フェニックス
社会福祉法人 フェニックス
子育て世代の従業員支援と、働き方の多様性への対応が職場のモチベーションアップと生産性向上のカギ 詳 細 ホームページ
医療法人 香徳会
介護老人保健施設 太陽苑
公認心理師によるSOSの出し方など新人職員向け研修に注力 詳 細 ホームページ
社会福祉法人 万灯会
障害者支援施設 双樹園
管理者の受容的態度と利用者・職員の拠り所があって、離職者ゼロに 詳 細 ホームページ
社会福祉法人 平成会
障害者支援施設
いちいの杜ハートフル
職員の健康状態に合わせた柔軟な働き方への配慮 詳 細 ホームページ
社会福祉法人 桜友会
児童心理療育施設 桜学館
業務体制を整えることと、職員一人ひとりに対するきめ細かな対応が職員のモチベーション向上に 詳 細 ホームページ

人材定着につながる要因とその判定

今回の調査を進める上では、福祉の事業所において定着につながる取組やその要因を次図のとおり6つの指標を設けて考察しています。①~⑤は、人の職務に対する不満につながる要因を除去する指標であり、事業所における職員の働き方に影響を与える職場の環境整備の取組として人材定着につながるかを判定する上で、必要条件とも言える指標です。これに対し、⑥は人の職務に対する満足につながる要因を表す指標であり、職場における人材定着につながる十分条件とも言えるものです。この両者が揃ってはじめて職場で働く人の満足ややりがいが得られる、ということではないかと考えられます。

 

 

今回の調査では、紹介している8事例について、上記の①~⑤の指標及び⑥の指標の該当の有無を冒頭に表示させていただきました。これは調査事業所から申し出のあった人材定着に効果的な取組に対し、センターが確認し、調査の中で浮かび上がった取組を付け加えて表示したものです。従って、対象事業所で特に効果的とは意識していないものは該当無の表示となっていますが、事例としてとりあげた事業所では、該当無の指標でも何らかの取組が行なわれていることを確認しています。そして、人材定着の十分条件と考えられる⑥の指標については、紹介する全ての事例で取組が行われていることが確認できました。

事例の6指標ごとの取組例

6つの指標毎に今回の事業所の事例を概観すると、

①「定期的な面談の実施」では、人事考課のフィードバック面接などで管理者が受容的な態度で臨んでいる例や、管理者が日頃から職員の良いところを書き留めてほめるようにしている例、また、面談の結果職員の健康状態に課題があれば、勤務形態を柔軟に調整し、周囲にも知らせる工夫をしている例などが見られました。

②「福利厚生の充実」では、週休3日制(10時間勤務制)により、引き継ぎの円滑化や職員の私生活充実につながっている例や、託児料金ポイント制の導入で、事業所内保育所や学童保育施設に子どもを預けて働く子育て中の職員の土日のがんばりなどを引き出し、評価する例が見られました。

③「計画的な職員育成」では、初任、中堅、幹部ごとに事例研究発表会で現場の課題への対応を考える機会を積極的に創出している例や、職種ごとに経験年数に応じて参加する研修や取得する資格を可視化するキャリアパスシートを作成している例が見られました。

④「新規入職者への安心づくり」では、メンター制度※1やプリセプター制度※2を導入するとともに、サポート期間明けの新人職員にさらに職場全体でフォローする体制をとっている例や、公認心理師によるSOSの出し方など新人職員向け研修に力を入れている例が見られました。

⑤「負担軽減につながるロボット等の導入」では、見守りセンサーや移乗リフト等の積極的導入により、夜勤時の見守りや腰痛といった職員の負担軽減に資する例を見ることができました。

⑥「やる気につながる職場カルチャー」では、職員の思いを管理者に何でも聞いてもらえるような風通しの良い職場や、組織目標を掲げ、それに向けて努力する人や提案を評価する仕組みを設けている職場の例など、各事例で取組が見られました。

1 メンター制度:年齢や社歴の近い先輩社員(メンター)が、後輩社員(メンティ)のサポートをする制度
2 プリセプター制度:先輩の介護士(プリセプター)が、新人介護士(プリセプティ)に一人ずつ付き、一定期間マンツーマンで教える制度

調査からわかったこと

今回の調査では、近時の離職防止の意識の高まりから人材定着をとりあげましたが、人材定着につながる取組を分析すると、それは現場の職員にとって働きやすい職場づくりに直結するものであることがわかります。福祉の仕事は対人援助サービスです。職場における上司と部下、また職員同士のコミュニケーションが円滑であるかどうかが働きやすさにつながりますし、コミュニケーションが豊かな職場は利用者へのサービスにおいても質の高さが期待されるのではないでしょうか。

さらに、今回の調査から分かったこととして、職員と利用者が同じ方向を向いて活動することができる職場は、職員のモチベーション向上につながっているということです。例えば、障害者支援施設の例にみられるように、利用者が毎日行う作業を職員もサポートしながら一緒に働く時、利用者が福祉サービス提供の相手であることを超えて、ともに生きる(働く)仲間であると、寄り添う気持ちが深まるのだということを知りました。各事業所では、職員や関係者が共通で目指すべき法人理念や事業所目標といったものを掲げ、それを達成するための手法を日々工夫しています。そうした職員にとっての拠り所となるものの存在が大切であることも知ることができました。それが組織のトップであったり、リーダー的な職員であったりする例について、今回見ることができました。

この事例集が、職場の労務管理や事業所サービス向上に関わる関係者の皆様、また、これから福祉の職場で働いてみようとする方々にとって、少しでも参考になれば幸いに思います。

令和3年3月1日
岐阜県福祉人材総合支援センター

本掲載内容は小冊子で発行しています。冊子バージョンでご覧になる方はこちら

全ページ一括ダウンロード※印刷用にお使いください。

岐阜県社会福祉協議会 福祉人材総合支援センター 〒500-8385 岐阜県岐阜市下奈良2-2-1 県福祉・農業会館3階
TEL:058-276-2510(人材担当)/058-278-1823(研修担当)/058-201-2261(貸付担当)