本文へジャンプ

福祉サービスを利用したい方へのページ

岐阜県指定情報公表センター

「介護サービス情報の公表」制度とは

介護保険制度は、サービスの利用者自らが介護サービス事業者を選択し、契約によりサービスを利用する制度です。
しかし、利用者がサービスを利用する際に、必要とされるサービスに関する情報が不足していることから、介護保険法に基づき、平成18年4月からすべての事業者に対して、
介護サービスの内容や運営状況に関する情報を公表することが義務付けられました。
この「介護サービス情報の公表」制度により、利用者は各事業所の介護サービス情報を比較検討し、自分にあったより良い事業者を選択することができるようになりました。
介護サービスを利用する際に、ぜひご活用ください。

介護サービス情報の検索(公表システム)

平成24年10月1日から、新たな「介護サービス情報公表システム」が公開されています。
「見やすい」「わかりやすい」「使いやすい」システムを目指して見直しが行われましたので、ぜひご活用ください。

パンフレット「介護サービス情報公表システム」(C.pdf:4.10MB)

介護サービス事業所の方へ

介護サービス情報の公表については、「介護サービス情報公表計画」に基づき実施します。
円滑な公表事務の運営にご協力いただきますようお願いします。

令和3年度介護サービス情報公表計画の概要

※地域ごとに報告・公表となります。
※調査を行う場合異なります。

※報告記入開始日および提出期限が変更となる場合があります。

※7月より順次、公表の報告を実施いただく予定をしておりましたが、

 現在厚生労働省による公表システムの年度更新が大幅に遅れており、延期する次第となりました。

 つきましては、今年度(令和3年度)の報告開始日が決まり次第、あらためてこちらのホームページに掲載いたしますので

 誠に申し訳ありませんが、随時ホームページの確認をお願いいたします。(令和3年6月17日追記)

報告・公表の流れ

対象事業所は、公表計画に示された期間に、インターネットで「報告システム」にアクセスし、報告内容を登録・提出してください。
「報告システム」には、事業所ごとに付与される「ID」「パスワード」でログインします。
対象事業所には、報告記入開始日の10日から2週間前までに、報告システムの「ID」と「パスワード」を通知します。
報告された内容は、公表計画に基づき、指定情報公表センターがインターネット上で公表します。

 

報告システム (←報告は、コチラから)

報告・公表する内容

基本情報 (1)事業所の名称、所在地等
(2)従業者に関するもの
(3)提供サービスの内容
(4)利用料等
(5)法人情報
運営情報(旧調査情報) (1)利用者の権利擁護の取組
(2)サービスの質の確保の取組
(3)相談・苦情等への対応
(4)外部機関等との連携
(5)適切な事業運営・管理の体制
(6)適切な事業運営・管理の体制
(7)その他(従業者の研修の状況等)
事業所の特色 ※任意 事業所の特色をPRできます。(写真・動画等の掲載が可能)
※投稿は事業所の任意で随時更新が可能

お問い合わせ窓口

社会福祉法人岐阜県社会福祉協議会 岐阜県指定情報公表センター
TEL(058)201-1561
FAX(058)275-4888