トップ > 岐阜県保協ってなに?

岐阜県保育研究協議会とは・・・

岐阜県内公立・私立の保育所関係者・児童福祉施設関係者、市町村関係機関関係者などにより構成され、

子どもの健やかな育ちを願い、保育者の資質向上及び保育内容の充実を図ること、並びに社会の期待に対処できるよう保育所の運営の適正化充実を目的とし、

保育内容及び保育技術の向上を図るための事業、全国・東海北陸・県保育研究大会又その他本会の目的達成 に必要な事業の企画・実施などを行い、

各市町村関係機関、都道府県・指定都市、全国関係機関を結ぶ公共性・又各会員の参加、協力を得て活動する自主性を持った民間組織です。

岐阜県保協概要

名称
岐阜県保育研究協議会
所在地
岐阜県岐阜市下奈良2丁目2番1号
岐阜県福祉・農業会館 3F 岐阜県社会福祉協議会内
電話:058-273-1111(代表)
FAX:058-275-4888
目的
子どもの健やかな育ちを願い、社会の期待に適切に対処できるよう保育所の運営の適正化並びに保育者の資質向上及び保育内容の充実を図ることを目的とする。
沿革概要
1951年(昭和26年)
  岐阜県社会福祉協議会 保育部会を設立

1961年(昭和36年)
  岐阜県保母会を設立

1965年(昭和40年)
  岐阜県社会福祉協議会 保育部会と岐阜県保母会が一本化され、岐阜県保育研究協議会が発足

 以降、公立・私立が一緒に活動できる県下唯一の団体として活動している
ページのトップへ戻る