本文へジャンプ

リフトバスながら号のページ

リフトバスながら号

岐阜県社会福祉協議会では、県内に居住する障がい(児)者・介助を要する高齢者が各種の行事等に参加する機会を提供することを通し、
社会参加の促進及び自立支援を図ることを目的にリフトバス「ながら号」の運行を行っています。

利用方法

  1. 利用のしおりで内容を確認する
  2. 電話で希望日が空いているかを確認し、仮予約する
  3. 希望日の20日前までに「利用申込書(3枚)」を来局または郵送で提出する
  4. 利用決定通知書を受け取り、利用する
  5. 請求書にもとづき、会費を振り込む

運営要綱・注意事項

利用人数

10名以上28名以下

利用基準

「運営要綱」の利用基準を満たしていること

注意事項

1回の最終目的地及び経由地は、それぞれについて県内もしくは、岐阜県庁(岐阜市薮田南2-1-1)からの片道所要時間(バスの途中停車時間を除く)が2時間以内のご利用となりますのでご注意ください。 ※所要時間については、インターネットの地図サイト「マップファンルート検索」でご確認ください。

利用者の負担

※その他・・・ 駐車料金・有料道路等が必要な場合は、その都度負担する。

【負担額計算方法】

負担額=基本会費+(時間会費+距離会費+深夜早朝割増会費)×1.08

注1) 走行距離は、車庫を出発してから車庫へ到着するまでの距離とし、回送距離を含みます。
注2) 距離会費は、総距離10キロ未満の端数は、10キロに切上げます。
注3) 利用時間は、出庫から帰庫までの時間に、出庫点呼・帰庫点呼の各1時間ずつ合計2時間を加えた時間とし、回送時間を含みます。
注4) 利用時間は、1時間に満たない場合があるときは、30分未満は切り捨て、30分以上は1時間に切上げます。

※ながら号の利用料金は、貸し切りバスの運賃・料金制度(H26.4)に基づき算定しています。

※利用した月の翌月に請求書を送付しますので、指定口座に会費を振り込んでください。

ながら号について

・車椅子乗降用リフト、液晶テレビ、DVDデッキ、シンセサイザーカラオケ、ETC、車載器などが装備されています。
・座席数・・・28席(内訳:車椅子固定席4席、一般席20席、補助席4席)
・車種・・・大型車
・割引について

有料道路通行の際、障害者手帳を提示しても割引にはなりませんのでご注意ください。 (有料道路は大型車料金です)

利用申込書・添付書類

予約カレンダー

外観・内観

お問い合わせ先
岐阜県社会福祉協議会 総務企画部
TEL:058-273-1111(内線2538)
FAX:058-275-4858