本文へジャンプ

介護支援専門員実務研修受講試験のページ

平成30年度(第21回) 介護支援専門員実務研修受講試験の概要

平成30年度の試験については、以下のとおりです。
平成26年度までの解答免除の制度は、平成27年度の試験より廃止されています。
詳細については、下記の窓口で配布される試験案内をご覧ください。

日時 平成30年10月14日(日) 午前10時から
試験会場 中部学院大学 関キャンパス(関市)、県立岐阜総合学園高等学校(岐阜市)
試験案内・
受験申込書配布窓口
平成30年5月31日(木)から 平成30年6月29日(金)まで
 配布窓口:岐阜県社会福祉協議会、市町村社会福祉協議会、市町村(介護保険担当課)、県庁(高齢福祉課)、県総合庁舎(県事務所福祉課)等

郵送を希望される方:住所・氏名を記載し250円分の切手を貼った角2封筒(A4サイズの入る封筒)を同封し、「平成30年度介護支援専門員実務研修受講試験 試験案内・受験申込書郵送希望」と書いて、岐阜県社会福祉協議会まで送ってください。 (※6月22日消印有効)

受験申込書受付期間 平成30年6月1日(金)から平成30年6月29日(金)まで
※6月29日(金)消印有効
受験申込書受付方法 専用封筒(試験案内に同封)を使用し、簡易書留にて、岐阜県社会福祉協議会総務企画部まで郵送してください。
※対面受付は行いません。郵送のみ受付を行います。
受験手数料 7,000円
試験案内に同封の指定払込用紙を使用して郵便局窓口で払い込み、「振替払込受付証明書」を受験申込書に貼り付けてください。
(※ATMでの振り込みは、振替払込受付証明書が発行されないので使用しないでください。)
(※振込手数料はご負担ください。)
受験資格

要援護者に対する直接対人援助業務経験があり、受験にかかる業務期間・資格を満たしている方。

(詳細は、試験案内をご覧ください。※平成30年度より受験資格が変更となります。)
※受験地が岐阜県となるのは、受験申込現在「岐阜県内で受験資格対象業務に従事している方」又は「受験資格対象業務に従事していない岐阜県在住の方」です。

合否の通知 平成30年12月4日(火)に、受験者あてに合否を通知します。
提出資料

  ※平成30年度試験においては、全ての受験者の実務経験証明書・法定資格等確認書類の提出が必須です。
  (参考:受験資格 業務内容コード表 ・ 実務経験(見込)証明書の書き方)

その他 ・介護支援専門員の業務に従事するためには、「介護支援専門員実務研修受講試験」に合格後、「介護支援専門員実務研修」を修了し、 介護支援専門員名簿への登録、「介護支援専門員証」の交付を受けることが必要です。
・「介護支援専門員実務研修」の日程等、詳細については、指定研修実施機関(岐阜県介護研修センター)から合格者に直接通知されます。