本文へジャンプ

セルプ製品のご案内

セルプ製品のご案内

岐阜県セルプ支援センター(岐阜県授産事業振興センター改称)は、障がい者の就労に取り組む福祉施設・事業所における生産・販売活動を
いっそう推進することを目的として平成8年9月に発足しました。
当センターは、岐阜県内のセンター会員に対する公共機関・民間企業等からの受注を確保することにより、
福祉施設・事業所を利用している人たちの処遇を充実させるとともに、事業の拡大・発展を目指しています。
新製品の開発、製品の高品質化を図り、会員への還元につながるよう努めています。

こんなときには、ぜひご連絡ください

・仕事を委託したい、委託できる仕事がある
・大会などで記念品を検討している
・店舗で販売する商品を増やしたい
・イベント・バザーに出店者を募集している
・展示即売会のできる場所がある
・商品開発、作業技術の指導に協力したい
・施設や製品のことを知りたい

SELP

セルプってなに

障害などのさまざまな理由により、在宅で生活することが難しい方や一般企業などで働くことが難しい方々が、施設で生活しながら、
または、在宅から施設に通いながら、社会参加・自立をめざして働くことをいいます。

どんな施設で授産事業が行われているの?

主に障害者福祉施設で行われています。岐阜県では、約170の施設で授産事業が行われているます。
(注意:施設種別・形態によって、授産事業の取り組み方が異なります。)

どんなことをしているの?

ホームページで紹介しているような授産製品(自主製品)をつくったり、箱おり・袋づくりなどの下請け作業を行っています。
また、施設独自で、店舗を構え、店舗を運営することを授産事業の一環として行っているところもあります。
そのほか、民間企業内において作業を行う場合もあります。

産製品(自主製品)にはどんなものがあるの?

食品・お菓子、縫製品、石けん、陶芸品、木工品、園芸用品など、さまざまなものがあります。
授産製品は「授産製品のご紹介」のページに掲載していますのでご覧ください。

製品・作業一覧

こんな活動(事業)に取り組んでいます

岐阜県セルプ支援センターでは、こんな事業を行っています!

ア 販売・受注活動

会員施設のみなさんが授産製品を販売できるようイベント開催したり、各種イベントへの出展調整を行っています。
また、お客様からの授産製品の注文受付や調整を行っています。記念品の対応もしています。

イ 商品研究・開発

コンサルタントの派遣、作業種別研修会、商品開発研修会などを実施し、商品の質の向上や生産技術向上のための支援・協力をしています。

ウ 広報活動

授産製品紹介パンフレット「あたたかさいっぱい」の発行・配布、授産製品啓発用ショーケースの設置などを行い、
より多くの方々に、授産事業を知っていただけるよう取り組んでいます。
※授産製品商会パンフレット「あたたかさいっぱい」を希望される方はご連絡ください。

会員施設とは

岐阜県社会福祉協議会・岐阜県セルプ支援センターに会員登録をしている施設をいいます。
会員施設の対象は、授産事業を行っている施設です。

会員施設一覧

連絡先
岐阜県社会福祉協議会 岐阜県セルプ支援センター
〒500-8385 岐阜県岐阜市下奈良2-2-1 岐阜県福祉農業会館内
TEL:058-273-1111(内線2526) / FAX:058-275-4888